スマホで動画実践塾


「お客様との接点創りに動画を活用しませんか!」


この数年間で急速に進歩した映像技術により、 映画のようなダイナミックなカメラワークと、 ハイビジョンの4倍も美しい精緻な映像が手軽に撮れるようになってきました。

このような4K映像を活用すると、従来よりも格段に少ない費用で大迫力の映像を販促や営業に活用できるようになります。

こうした貴社オリジナルの方法で、お客様へのホスピタリティ(おもてなし)を充実させ、同業他社への差別化を行って、お客様創りを有利に進めましょう。

さらにYouTubeなどの動画サイトを活用して上手に映像メッセージを発信すれば、大きなビジネスチャンスにつなげることも可能です。

是非、映像や動画の活用にチャレンジしましょう!

<↓空撮動画 「志賀島絶景フライト」>


「動画活用」のご提案!

現場での接客や営業活動に動画を活用して、お客様へのホスピタリティ(おもてなし)のレベルを高め、貴社独自のユニークな取り組みで、お客様との接点を広げる取り組みを行ってみませんか?

動画を材料にすることで、写真撮影や作品紹介などを通じてお客様への声がけの機会を増やすことで、追加オーダーやご提案の機会をいただける成功事例が生まれています。

【1】近隣にある観光資産を活用しましょう

「今月のオススメの商品やサービス」を、四季おりおりの行事や会社の記念行事、 地域の観光スポットなどど組み合わせ、その時々の関心事を捉えた「ライブ感のある映像」を発信してみましょう。

例えば「お花見」や「端午の節句」、「敬老の日」などの季節の行事に商品を絡めて動画で発信を行うと、お客様のご家族のお祝いなどを強く想起してもらうことができます。 大迫力の4K映像を活用して、集客や売り上げアップにチャレンジしてみましょう!

<↓岡垣町絶景フライト(海辺の料理旅館「はつしろ」)>


<↓流川桜並木絶景フライト(福岡県うきは市巨勢川流域)>


【2】「現場での接客」へ活用しましょう

ただ単に動画を制作するというだけでなく、素材となる写真の撮影や作品の紹介を通じてお客様に声をかけることができれば、お客様との接点を広がることができます。

また、動画への取り組みに興味を示してもらうことができれば、お客様との交流もさらに深まり、お客様からの追加オーダーや再来店などの機会にもつながります。

お客様への具体的な声がけのタイミングやツール、声がけの方法など、「動画への取り組み」を活かした接客の方法について、具体的なアドバイスを行います。


<↓日本料理「古仙」における接客の訓練風景>

スマホで動画実践塾


【3】「動画活用力アップ研修」 を活用しませんか?

動画の「活用シーン」と「活用目的」によっては、映像制作業者に制作委託を行うよりも、店内スタッフが自ら動画を制作した方が、より機動的な販促活動につながる場合があります。

今やスマホでも4K映像を撮影できる時代なので、社内スタッフの企画力が強化できれば、動画制作を内製化して活用することも十分可能です。

このような取り組みをご支援するため、各地域の公的機関やコンサル会社とコラボして、1日コースの「動画活用力強化研修」を実施しています。

即戦力を育成するための研修なので、社内スタッフの動画の制作力や活用力を強化したい経営者の方は是非ご相談ください。


<↓動画活用力研修での指導シーン>

スマホで動画実践塾



集客に動画を活用している企業さんの声!

【1】お客様との接点が広がった!

はつしろグループの5店舗では、毎月「当月のおもてなし」の内容を動画で発信したり、グループ店の店内で制作した各店の作品を上映する取り組みを行っています。

はつしろグループでは、動画の素材を撮影する際にお客様に声がけを行ったり、制作した作品を待ち時間を利用して見ていただく取り組みを行っています。

そして、このようなお客様との接点を通じてお客様との信頼関係が強まることによって、お店への親近感をより感じていただき、再来店や追加オーダー、新規のお客様の紹介などの成果につながってきました。

<↓日本料理「古仙」 2019年8月のおもてなし>


【2】お客様視点でのサービスに好感!

時計・宝石・メガネ・補聴器のヨシダでは、お客様にお買い物を楽しんでいただくため、様々なお客様目線でのサービスをご提供しています。

例えば、一例を挙げると、

(1)金のメガネフレームが使えなくなった時、無料でジュエリーに作り替えるサービス

(2)スポーツサングラスの最高峰オークリーを度付きで作るサービス

(3)脚が悪いお客様でも安心してご来店いただくためのバリアフリー対策

これらの他店にはない当店オリジナルのサービスを広く知っていただくために、SNSを活用して動画を発信しています。

今では「ヨシダさんらしいサービスですね」と、お客様の反応も上々です。

<↓「ヨシダのバリアフリー対策」>


<↓「オークリーの度付きができるお店ヨシダ」>


<↓金のメガネフレーム(時計・宝石・メガネ・補聴器のヨシダ)>



「動画実践塾」が選ばれている3つの理由

【1】集客のための具体的な提案やアドバイス!

動画制作の代行ではなく、 作成した動画をどう活用すれば集客や売り上げにつながるのか、営業や接客の方法を具体的にアドバイスします。

また、必要に応じて、店内スタッフが自ら動画を制作して発信することができるよう、動画の素材となる写真の撮影の指導、動画制作アプリの活用法を指導、YouTubeなどのアプリを使って動画を発信する取り組みをご支援します。

【2】 WEB分析機能の活用をサポート!

制作した動画を、単純に動画サイトで発信するだけでは、集客や売り上げにはなかなかつながりません。

どのような販促の取り組みが集客や売り上げにつながったのか、実施した対策と成果の因果関係を、YouTubeの分析機能を使って振り返り、

PDCAを実践して売り上げにつなげるための具体的なご支援を行います。

<↓「YouTubeアナリティクス」の画面>

スマホで動画実践塾


【3】4K映像やドローン活用のノウハウをご提供!

ドローンやアクションカメラなどのアイテムを手に入れただけで優れた映像が撮れる訳ではありません。

当事業所では、これらの4K映像機器の性能を十分に引き出して、ダイナミックで迫力のある映像を取るための技術を独自に研究しています。

これらの独自技術も積極的にご提供いたします。

<↓制振機能付き動画撮影マウント>

スマホで動画実践塾




「スマホで動画実践塾」のよくある質問

よくある質問と、それに対する回答をご紹介します。皆さんの参考になれば幸いです。


質問1.

そもそも売上アップに動画を勧める理由は何か?

回答1.

お客様との絆を深めて売上をアップするための即効性のある方法として、「接客や営業のやり方を変える」ことで「ホスピタリティ(おもてなし)」のレベルを向上させることをオススメしています。 しかし、長年築いてきた接客のスタイルを精神論だけで変えることは容易ではありません。

そこで、今日、ほとんどの消費者が所有しているスマホを活用することに着目しました。動画の活動(撮影や視聴の際にお声がけをする)の機会を通じて、お客様との接点を広げ、さらに深めるつツールとして大変有効です。

既存のお客様に最来店してもらうコストは、新規顧客発掘の10分の1と言われています。高額な商品であればあるほど、この傾向は顕著になります。

動画は、新規客の発掘のみならず、一度来てくれたお客様に再び繰り返し来店していただくツールとしても、非常に有効です。


質問2.

動画の経験がなく、ITも苦手、仕事も多忙な中で、自ら制作することなど本当にできるのか?

回答2.

「売り上げを上げる」という強い意志があれば必ず成功します!進め方は、貴社の仕事の内容や技術力に合わせて工夫するのでご安心ください。

例えば、制作に関しても、初心者の方でも最短の時間で動画が活用できる工夫をしていますし、またご希望があれば、撮影や制作を貴社のスタッフに代わって代行するサービスも行っています。


質問3.

動画制作に必要な機材がないので、新規に機材の導入が必要になるのでは?

回答3.

例えば、動画制作をテーマにした勉強会を開催し、動画制作アプリiMovieをインストールしたiPadをこちらで準備して、 勉強会の間、貸与してご使用いただくことができます。

  (iPadAirが最大7台、使用可能です)

動画の活用スキルが向上してきた段階で、改めてiPad導入を検討していただければ結構です。


質問4.

動画を使って売上アップを成功させるポイントは何か?

回答4.

見た目のインパクトがある作品を作る以上に、重要なことが2つあります。

第一に、お客様にとって魅力的な(集客の)企画を作ることです。

第二に、動画を活用することで、新しいスタイルの接客や営業を実践することです。

このため販売や集客の企画を提案したり、現場のスタッフの接客や営業にまで踏み込んだアドバイスを行います。


気になることは解決できましたか?

動画の活用に関するお悩みやご相談がありましたら、何でも気軽にご相談ください。



無料相談・お問い合せフォーム


動画の活用について、ご相談やお問い合わせがありましたら、ご遠慮なく、以下のフォームからお送りください。

(直接「動画実践塾」に関するものでなくても結構です)

ご氏名(実名)         :

会社名または屋号(実名)    :

メールアドレス(必須)     :

メールアドレス(確認用:必須) :

お問い合わせ・連絡事項:

ご氏名、会社名、屋号は実名をご記入ください。



申し込みボタンを押すとページの先頭に戻ることがありますので、その時は最寄りの「お申し込みフォームに戻る」ボタンをクリックして申し込みフォームに戻り、正しく送信されたか、メッセージを確認してください。

※ご登録いただいた「メールアドレス」は、クリエイトバリューの個人情報保護方針にもとづいて保護いたします。
※お申し込みの確認メールが届かない場合は、メールアドレスの誤記入の可能性があります。ご確認ください。
※ご質問やご相談については、連絡事項はご記入ください。
※ご氏名、会社名、屋号は実名でご記入ください。匿名での申し込みはお受けできません。
※情報収集のみを目的とした、情報サービス関係者などのお申し込みは固くお断りいたします。

2019/08/15

Posted by 中村宏